裁判所調査官の方にお礼状

2014年にブラジルで開催されるFIFA W杯ブラジル大会出場を、2013年6月4日に日本代表が決めた日、喚起に沸いた競技場近隣で警備にあたった警官が、ニュースで流れましたね。後に表彰されたあのDJポリスと呼ばれた方々です。

彼らの活躍で大きな事件・事故によってこの嬉しいニュースに水を差すことがなく、とても貢献したと誰しもが認めているのですが、でも公には個人名や勤務先などが公開されるこてゃなかったと記憶しています。

また、先日、マスコミ関係の著名人が、ヨットで太平洋横断中に大きな事故を起こしましたが、その際に危険な状況の中で救助にあたった自衛隊の方々にお礼をしようと名前などを聞いた際にも詳しく教えてくれることはなかったとか。

このように公務上の業務においてはある種「あたりまえ」という認識から、お礼などを受け付けない状況は多々あります。

離婚裁判中に、真剣争いなどで裁判所の調査官の方が親身になって相談に乗ってくれ、とても誠実な方だという印象を持ちお礼をしたいという方がいらっしゃいます。

こういった際にお時間をとらせてはとの思いからお礼状をかいていいのか迷いますね。基本的には調査官は裁判所の職員で、上記の場合は公務にあたるので、お礼状を送ることは、特別問題はないようです。

封筒の表に事件番号など、特定できる情報を記しておけば、調査官も人の子なので何も支障なく喜んで頂けるそうです。

http://amacha.biz

Categories
Bookmarks